トラブル急増中!:「無料トライアル」「初回、半額」などの宣伝文句に注意

board-361516_640.jpg

新商品の発売で宣伝の為の「無料サンプルプレゼント」の配布。

また、初回限定で、商品を半額提供、または、「無料商品プレゼント」。

といった特別有利な条件で消費者に、用品やサービスを提供する広告やCMなどを最近、よく見かける。

「初回限定」などといった言葉には、特に注意したほうがいいようです。


「無料サンプル」や「、初回、半額以下」などについ、釣られて申込や契約をしたおかげで、結局、詐欺まがいの商法に騙されかねないということなってしまう事もあります。

下記↓の記事を参考にしてみてください。


4年間でなんと約20倍! トラブル急増中「無料トライアル」の甘いワナ:http://kirei.woman.excite.co.jp/news/detail/20170917213100_cityl893223

出典:キレイスタイルニュース - Kirei Style


睡眠の質の向上・スッキリした目覚めに:睡眠改善サプリメント


暑い日が続きます。

日中の気温が35度以上の猛暑になれば、日が沈んでも泣かなか気温が下がりません。

エアコン・クーラーを使用して、熱中症対策や快適な環境を維持されていることと思います。

でも、現代人のお悩みのなかでも、

 ・最近、グッスリ眠れない・・・

 ・朝、シャキッと起きられない・・・

という方が多いようです。


そんな方のお悩み解消のために、

 『睡眠の質の向上』

 『スッキリした目覚め』

に役立つ睡眠改善サプリメントをご紹介いたします。



ライオン グッスミン 酵母のちから 124粒


パトカーに反則切符


「駐車違反のパトカーに反則切符」だって!

交通違反の取り締まり中の三重県警鈴鹿署のパトカーを駐停車禁止の交差点付近に止めたとして、運転していた同署地域課の巡査部長(54)が交通反則切符を切られていたことが19日、分かった。市民の通報で違法駐車が発覚、巡査部長は反則金1万200円を払い、2点減点されたという。

県警によると、巡査部長は同僚の巡査(25)と昨年11月10日午後9時ごろ、近鉄鈴鹿市駅近くの交差点で、一時停止違反の取り締まりなどをした際、パトカーのエンジンを切り交差点そばに約10分間、駐車したという。

通りかかった男性が津地検に連絡し発覚。鈴鹿署が調査した結果、巡査部長らが行っていた取り締まりには、駐停車禁止が例外的に許されるような緊急性はなく、交通違反に当たると判断した。道交法は交差点の5メートル以内での駐停車を禁止している。

同署の見並立春副署長は「今後は、より適正な取り締まりを実施したい」と話している。



日頃、問答無用とばかりに冷たく言い訳をあしらい、反則切符を切る側の警察官が駐車違反の反則切符を切られる事も時にはあるでしょう・・・。

「通報者」もさぞかし胸がすっきりしたことでしょう。

記事を読んだものとしては、ちょっと可哀想な、少なからず複雑な気もしないではありませんが・・・。

しかし、当然、道交法については、取り締まる側である立場なら、事故・事件・緊急を要する場合など車両の
駐車については、安全確保のこともあるでしょうから、常々、心得ているはず。

結局は、違反者が良く言い訳をする『ちょっと位なら大丈夫だろう』 という気の緩み。

以前、駅前に車を20分程駐車していて、戻ってきたときには、
止めたはずの場所に、車の影も形も無い!

「えっ!??????? 」 このくらいマークが付くくらい、一瞬、思考能力が停止状態。

地べたを見たら、まるで勝利を得たかのような残酷な張り紙が・・・。

やさしく書いてはいるけれど、

「返してほしければ、ペナルティーを受けに取りに来い!ざまあ見ろ!」

って感じに聞こえるのよね~、トホホ・・・、自分が悪いのだけれど。

「通報者」もタイムリーなことに、たまたま目撃したのでしょうが、日頃から「腹に一物」がなければ、警察車両を見つけて警察署に通報はしないでしょう。

だいたい、間違いなく運転していた警察官が近くにいるのですから。

まあ、違反は違反ですから。

言い訳の出来ぬ駐車違反にさぞかし巡査部長も言い訳したかったことだろうと思います。

人間ですから。

2007/5/28

暮らしと生活の意外な気づきのトリビア「へぇ♪」


トリビアっていうのは、些細なこと気づき、まあ、ちょっとした豆知識なんですけど。 これが、意外と普段の日常生活の中には、「えっ!そうなの、へぇ~」っていうことは、たくさんあります。 学校では教えてくれない生活に関する知識は、経験によるものが多く、現実生活ではじめてしることって、意外と多いですよね。

美肌と頭皮の関係において、美肌を保つ為には、適度な頭皮のマッサージが必要であることをし知ってました? 確かな、証拠も無いので、たいしたトリビアではないかもしれません。

そんな、トリビアに関するサイトの中でも、三谷幸喜は「サザエさん」の脚本を書いたことがある。 また、藤井フミヤは元JRの社員だった。 などのそれぞれの話題は、私にとっては、「へぇー」っていう感じの話題です。

夏の猛暑のせい?エアコンのフラップの故障


今年の夏は、本当に暑かったです。あまりの暑さのせいで体が溶けてしまいそうなくらいの酷暑でした。記録的な猛暑の夏でした。でも、ここに来てやっと日中の暑さは影をひそめ、朝夕めっきりと過ごしやすくなりました。もう、秋がやってきて来ているのです。

現実の暮らしと生活において、季節の変わり目をむかえ、すべてに一段落ついたようなそんな気分を感じています。そんな暑い日々を、我が家でとてもよく働いてくれたエアコン。毎日、冷房のお蔭で一日を快適に過ごすことができました。

でも、そのエアコンも夏の猛暑でフル稼働だったせいか部品が壊れてしまいました。購入して約3年半ほどなんですけれが、フラップと呼ばれる部品で、冷房や暖房などの風を風向を変えるための羽。

普段、エアコンの電源を切っている時、そのフラップは、上昇して風の吹き出し口にぴったりと閉じるのですが、電源を切ってもフラップの向きは、だらりと下を向いたままなんです。

エアコンのリモコンを操作して、風向を変えてみてフラップを動かそうとするのですが、ほんの少しだけ上向きに角度を変えようと動いたあと、また、だらりと下に垂れ下がった状態になってしまいます。

電源を切ってもフラップが垂れ下がって、排出口は開いているのは、なんとなくだらしない気がします。

また、そんなことよりも、フラップが動かなくなったことで、風向を調節することができなくなれば、部屋の快適な空調を維持するためには、大きな支障がでます。

エアコンの動かなくなったフラップの様子をよく見てみることにしてみました。

本体のフラップのモーターの上からかぶせてあるカバーを取り外し、リモコンの風向を作動させながら、フラップとモーターの動きをよく見てみると、フラップを稼働させるためのモーターとフラップを繋ぐ軸が割れて破損していることが分かったのです。

これではモーターは動いていても、フラップの軸が開いてぐらぐらしているので、上昇させる事はできません。

普通に使っているのにこんなに簡単に割れてしまうなんて、頼りない部品なんですね。

このエアコンのメーカーは、三洋電機

自分で修理することは、ちょっと無理なので、山洋電機のお問い合わせの窓口をしらべてみました。

そこから修理の窓口へ電話をかけて依頼をしました。

でも、その修理は、エアコン本体の保証期間が過ぎているので、有償になるといわれました。

確かに本体の保証期間は一年かもしれませんが、これまで3年半、普通に使用していて、フラップの軸が割れてしまったというのは、あまりにも部品の性能が弱すぎるような気がします。

それでなければ、もともと部品に欠陥があったのかもしれません。

フラップと呼ばれる部品の強度がどの程度必要なのかよくわかりませんが、たとえば、飛行機のフラップなんていえば、ものすごく大切な部品であるはず。

まあ、フラップと言っても飛行機のフラップとたとえるのはちょっとちがうのかもしれません。

もし、有償で修理代を支払わなければならないのならちょっと納得がいかないような気がします。

山洋電機さんの修理窓口で、訪問修理を依頼しましたが、一度、そのあたりのことを直接話をして掛け合ってみようかと思います。

これからの季節、家のエアコンも一休みといった感じで、きちんと修理してもらってリフレッシュ。

でも、修理代はできれば払いたくないなあ。

無償で修理してくださると有難いのですが。

今年の冬は、寒い?人気NO.1の売れているエアコン

暮らしと生活で鯨を食べる国は日本だけ?


日本では、昔から鯨の肉を食べる習慣が続いてきました。

母の小学生の頃には、学校の給食に鯨の肉が出てきたことがよくあったそうです。鯨の肉って今でも、ほんのたまに、売られているのを見たことがありますが、実際に、食べた事が無いので、あまり食べたいとも思いません。


鯨の捕鯨に反対する国があるけれど、鯨の肉を食べるのは、日本だけかと思っていました。

でも、実際には、世界各国で、鯨の肉は食べられているようです。


※米国・アラスカエスキモー・ロシア・チュクチ先住民 ・米国ワシントン州マカ族・ロシア・チュクチ先住民・デンマーク・グリーンランド住民 ナガスクジラ・セント・ビンセント(ベックェイ島沿岸)などだそうです。(ヤフー知恵袋より)

【賃金デフレ】働く人の平均時給は2228円でどんどん下落傾向

働く人の平均時給2228円 09年、14年ぶり低水準

働く人の2009年の平均時給は前年より35円少ない2228円で、1995年以来14年ぶりの低水準だったことが、第一生命経済研究所の分析で明らかになった。08年秋以降の不況では、製造業などの残業時間の減少が賃金水準が下がる大きな要因とされているが、時間当たりの賃金が抑えられたことも、「賃金デフレ」を加速させているようだ。(朝日新聞)

私達のくらしと生活は、経済活動でなりたっています。

その経済活動の根幹は、社会の中でお金を生み出すために、働いて賃金を得る事から始まります。勿論、ご自分で自営をなされて収入を得る事もあるでしょう。

賃金デフレで、働けど、働けど、我が暮らし楽にならず。

じっと預金通帳を見る。

預金残高が、一向に増えません。

世の中の物価が下がっても、賃金までデフレになってしまったら、インフレと同じ事なんじゃあないの?

製造業での残業時間の減少が、平均賃金を下落させているということなのですが、本当に、一般的な製造業のアルバイトでさえ、850円なんていう安い時間給のところが、今では、当たり前のようです。少し以前なら、1000円以上はあったようなアルバイトでさえ、時間給がカットされているのです。

ちなみに、時間給に換算して、最も高い職業は、大学教授で、5985円。

その次に、医者が、5708円。

次に公認会計士と続いています。

賃金デフレがさらに加速するような事があれば、一般の人たちの生活は、本当に働いても、働いても、暮らしは一向に楽にならなくなってしまいます。

早く景気が回復して、経済に活気を取り戻してもらいたいですね。

2人だけの暮らしと生活

新しい人生の始まり。

結婚は、1つに人生のゴールでもあり、スタートでもあります。これから新しい暮らしと生活が始まる。それぞれの人生が、私達の人生に変わる。

やはり、結婚後は、2人だけの生活を望まれる方が大半です。その大半の方の願いが、女性のほうにあるようです。暮らしと生活の中で2人だけの毎日を過ごせるということは、現実的な望みでもあり、夢・希望でもありますね。

それぞれのこれまでの互いの生活環境を人は、なかなか変えることが出来ません。結婚という大きな人生の節目を迎えることによって、大きな環境の変化にも対応できるだけのエネルギーが、沸いてくるわけですね。

何かをすべき時に、何かをすることというのは、簡単なことのように見えて、実はとてもむずかしいことなのです。2人だけの生活と暮らしを得ることによって、2人の将来と未来の質を変えていくことが出来るのならば、ココ一番という時に、2人だけの力を合わせることも可能になるのでしょう。

2人だけの暮らしを実現することの課題を2人だけで実現させることの価値は、その2人の将来と未来を明るいものにすることは、間違いありません。

2人だけの幸せな瞬間を最高に楽しむことは、これから3人、4人と家族が増えて、その家族を大切にすることの出来る2人だけの間の愛情から、深い家族の愛情へ変化していくのでしょう。

120年ぶりのサイクル?暮らしと生活の気候


暮らしと生活の中で、その時々の気候と言うものは、人間の生活の影響に多く反映されます。 120年ぶり、というのは、一体何を意味しているのかと言いますと・・・。

今日の2010年の2月24日と言う日の日中の気温の最高温度です。

2月と言えば、まだ、また、寒さが当然残ります。しかし、徐々に、3月を目前に控え、そろそろ、暖かさの兆しと言うものを感じる日というものあるものですが、今日のこの日は、全国的に暖かさが頂点をむかえたということなのです。それが、120年ぶりの暖かさだと言うことなのです。

テレビのニュースでは、盛んに夕方の情報として、今日の暑さを街頭にでて、直接の暑さを訴えるために、道行く人たちに盛んにインタビューして、その120年ぶりの暑さである、今日の2月24日をアピールしていました。120年前に、よくその日の、気温のデータが残っているものなのです。

でも、確かに今日は、暖かかったです。暖房費がかからずに天然・自然の暖かさは、心の中を、奥底からほっこりとゆるめてくれます。これは、太陽の赤外線効果でしょうか?そんなはずは無いです。

暮らしと生活の中で、気温と言うものが、私達の行動を広げてくれるのも、その中には、心の動きと鋳物があるということも忘れてはいけません。なにが言いたいのかと言えば、暑さや、寒さなどの環境に左右されることのない、強い心を鍛えていかなければ、その気候や環境に負けてしまいます。だから、そんな、周りの環境に流されないような暮らしと生活を築いていかなければならないのではないかと感じるのです。



『出店禁止』の思い出>暮らしと生活


年末の暮れのお正月用の買い物に出かける商店街は、多くの人手で賑わいました。

ずっと昔に、母と連れられて、その商店街に買い物に行ったときのことです。その日は、多くのお店が、申し合わせのようにお休みで、シャッターが閉まった状態でした。

目的のお店に行くまでのその間、お休みのお店の前を通ると、何か書かれてある張り紙が見えます。

そこには、『出店禁止』と書かれてありました。

私の小さな頃の思い出ですが、出店禁止という文字が読めたぐらいの年齢だったのでしょう。

でも、その出店禁止と書かれてある文字が、なんとなく不思議に感じていました。

出店禁止というのは、何のことだと思います?

私は、その張り紙の意味を、随分長く、勘違いしていたことを、今、懐かしくたまたま、思い出したのでこのように記事にしているのですが、

その当時、その意味が、シャッターの閉まったお店のことだと思っていました。

要するに、このお店は、何かを都合の悪いことがあって、お店を営業すること出来なくなってしまったのだ。というように勘違いしていたのです。

お店が営業できないくらいの悪いことをしたのだな。可哀想。

なんて、思っていました。


でも、あの時の勘違いは、いつの間にか解消されていたのです。


『出店禁止』という貼紙は、お店の定休日に、露天商が、そのお店の前で、出店を出すことをに対する注意書きのことだったのです。

そんな、お馬鹿な勘違いに、ちょっとほのぼのさを感じたのは、正月に、家族で、初詣に出かけたときに、シャッターの閉まった商店街を歩きながら、昔のようにシャッターの前に貼られた、『出店禁止』の貼紙を見たことでした。

今年も、もう、既に、新年から4日が経つのですね。どうぞ、今年もよろしくお願いいたします。


節約生活:OchiBoレシピ

暮らしと生活の為になる情報をお届けするサイトへようこそおいでいただきましてありがとうございます。当サイトでは暮らしの情報を中心に時節・雑学などを盛り込んで、人気ショッピングモールを中心に、ファッション・グルメ・旅行など ネットの中の納得と信頼の価値のある情報をお届けしています。インターネットを通して暮らしと生活が実り多く、豊になるために少しでもお役に立てれば幸いです。どうぞ、ごゆっくりご覧くださいませ。尚、商品のご利用・ご購入につきましては、広告主様サイトの詳細をよくご確認のうえサービスをご利用くださいませ。 サイト運営者:Hiromi

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

カテゴリ