母の日 - 感謝をこめて真心の思い出作りのプレゼント

「母の日」

「母の日」って、毎年、近づいてくると気になるものです。
毎年、「感謝を表せる日」という事で、母に喜んでもらえるものを、
プレゼントしています。

でも、「母の日」、なんて、特別な日を作るということは、
やはり、日頃、母への感謝が、薄くなったり、その存在の大切さを
確かめたり、語り合ったり、家族の絆を知るきっかけとして、必要なものでしょう。

「母の日」

そうですね。

「こどもの日」「父の日」・・・・。

全ての記念日には、大切なものに気付く、大切なことを知る為に、
決して、無くなってはならないものでしょう。

「誰かが、商売のために作り出した、単なるイベント?」

それでも、いいじゃないですか。

心の温かさを知る、心の温かさを求める。

大切な人との関係を深めることが出来れば、「感謝」です。


というわけで、今年の母の日は、5月10日ですね。

勿論、日曜日。

「母の日」は、5月の第2日曜日。

今年は、何をプレゼントしますか?

母の日関連ページ
■母の日とカーネーションの関係
■「母の日」の思い出話>暮らしと生活
■「母の日」に人気のあるプレゼントは?

■母の日 - 感謝をこめて真心の思い出作りのプレゼント
■『母の日』にお母さんありがとうの気持ちを込めて
■オンラインフラワーショップ>ギフト・プレゼント ピックアップ

■暮らしと生活の 【時節関連おすすめ特集】

母の日とカーネーションの関係

日本の母の日は、5月の第2日曜日です。

当然、外国にも母の日があります。

現在のような日本の母の日の由来は、アメリカから由来してきたものだといわれています。

日本で初めての母の日を祝う行事が行われたのは明治の末期頃で、1915年(大正4年)に教会で祝われ始め、徐々に一般に広まっていったと伝えられています。
昭和に入ると3月6日を母の日としていました。

この日は当時の皇后の誕生日であったそうです。

現在のようになったのは、戦後しばらくしてからだと言われています。

また、一般に広く知れ渡ったのは1937年(昭和12年)森永製菓が告知を始めたことをきっかけにするとも言われます。

母の日とカーネーションの関係

母の日といえば、やはり「カーネーション」

母の日といえば、やはりまず思い浮かべるのは、カーネーションですね。

この関係は、いつから始まったのでしょうか?


母の日にカーネーションをあげる習慣は20世紀初頭のアメリカの時代から始まったものといわれます。

赤いカーネーションの他にも、ピンク・黄色などもありますので、ミックスするのも良いと思います。

またカーネーションだけでなく「バラ」をミックスしてブーケのようにして贈れば、さらに喜ばれるかもしれません。


「母の日」にカーネーションが選ばれるようになった由来は、十字架に架けられたキリストに聖母マリが涙した後に咲いた花だといわれています。カーネーションの中央部の赤色は、キリストの体から散った血の色ともいわれています。それが母への愛という象徴に変わったものとされています。

また、母の日の提唱者であるアンナ・ジャービスのお母さんがカーネーションが好きだったことも原因の一つだということです。


ちなみに、海外の母の日については、大方やはり、5月に行われているようです。

アメリカでは、
5月第2日曜日(デンマーク・フィンランド・イタリア・トルコ・オーストラリア・ベルギーも同じ)。

イギリスでは、
イースター・サンデーの2週間前の日曜日。イースターは、毎年、日付けが変わる移動祝祭日で、「春分の日の後の、最初の満月の次の日曜日」と決められています。大体、3月21日から4月24日の間にあたります。

韓国では、
5月8日が、韓国語では「オボイナル」という父母の日にあたります。
父母の日に1番喜ばれるプレゼントは韓国では「お金」だそうです。
カーネーションをプレゼントする習慣も日本と変わらずにあるようです。

中国では、
5月第2日曜日が母の日です。
母の日の過ごし方としては、日本と同じようにカーネーションをあげて一緒に食事をするようです。

台湾では、
母の日は一年の中でも大きなイベントの一つだと考えられています。
というのは、一年の中で最も贈り物をする時期として、母の日があげられています。

母の日関連ページ
■母の日とカーネーションの関係
■「母の日」の思い出話>暮らしと生活
■「母の日」に人気のあるプレゼントは?

■母の日 - 感謝をこめて真心の思い出作りのプレゼント
■『母の日』にお母さんありがとうの気持ちを込めて
■オンラインフラワーショップ>ギフト・プレゼント ピックアップ

■暮らしと生活の 【時節関連おすすめ特集】

暮らしと生活の母の日サプライズプレゼント

暮らしと生活の中のお母さんの位置は、とっても大切。

お父さんも勿論、大切。

それぞれの役目を担っている中で、お母さんの役目は、一番大切でないかな?何てことを感じる人は多いでしょう。

でも、勿論、お父さんも頑張っている。

・・・なんだかめんどうくさいなあ。

お母さんを祝う日は、誕生日もありますが、やはり、母の日。

お母さんとして、お祝いがしたい。その感謝の気持ちを表したい。

だから、少しくらいお小遣いを無理しても、出来ることをしてあげることを考える。

その感謝の気持ちの究極てきなものが「サプライズ」

びっくりさせたいほど、暮らしと生活の中で感謝の気持ちを表したいと思うのが、

素直な心の現われなのかもしれません。

きっと出来ますよ。

暮らしと生活の中のお母さんの姿をよく想像してご覧。

長澤、榮倉、夏未の暮らしと生活のイベント『母の日』は?

暮らしと生活のお菓子メーカーさん、ロッテ「ガーナミルクチョコレート」の母の日キャンペーンというのは、ちょっとなじまないようなきがするのですが、商魂たくましいメーカーさんは、バレンタインデーで、年間の大半の収入を得るだけでは、満足しきれないのでしょうか?

暮らしと生活のイベント行事「母の日」にも、感謝を込めて、チョコレートを贈りましょうか♪でも、やっぱりカーネーションの花束がいいかもね。そういえば、ブリザードフラワーが人気あるみたい。

でも、チョコレートでも、花束でも、日頃、暮らしと生活の中で、お母さんにきちんと感謝の気持ちを表す為の一つの材料ですから、何でもいいんですね。大切なのは、気持ちですから。

母の日とカーネーション~暮らしと時節の出来事


母の日のフラワーギフトは今の内に携帯サイトで探しましょう

春は、花の季節です。

新しい花の命がたくさんあちこちから芽を出します。

生命が躍動する季節ですね。

日本の四季は、本当に私たちの生活に、 自然の変化を経験することで多くの潤いを与えてくれているのでしょう。

花は、大好き。

今、人気の花情報満載のケータイサイト は情報無料の毎日のお買い物や、お花の情報が満載です。

携帯の待ち受け画面をプレゼント中です。

毎日の花占いで、今日のあなたの運勢をチェックしてみましょう。


お花のご注文からお届けまでは、すべて携帯でお知らせしてくれるので 安心してご注文いただけます。

わたしは、お花といえば、 母の日のカーネーションがすぐに思いつきます。

母の日 フラワーギフトも、ことちらか いかがですか?

ゆっくりと検討してみてくださいね♪


「母の日」の思い出話>暮らしと生活

「母の日」 の思い出のエピソード

母の日のイベントに出かけたときにいただいた、パンフレットの中に、「母の日」の思い出に関するエピソードを綴ったページがありました。

読んでいると、とても共感のできることばかりが書いてありました。「母の日」というのは、父の日に比べて、とても特別な日に感じます。

そこで、そのページに書かれてあったことを転載させていただきます。


「子供のころに、少ないおこづかいの中から、母の日に洗濯ノリをプレゼントして、母が笑いながら喜んでくれた事」

「一生枯れないからと、造花を贈って怒られた~」

「母の日に贈り物をしたら普段何も言わない母が本当に子供を生んで良かったと涙ぐんでいました。」

「小学生の時、初めて覚えたほうれん草のバターソテーを作ってあげた。『ありがとう。美味しいよ。』と食べてくれた。お母さん、ありがとう♪」

「子供のころはお花を買うお金を持ってなかったので画用紙に目一杯花の絵を描いてプレゼントしていました」

「10年前、娘に保育園で作ったメモホルダーを貰ったときは、感激しました。少し色あせてきたメモホルダーを、今も大切に使っています。」

「何も贈らなくていいよ。と言いながら、隣近所に『今年はこんなのを贈ってくれた』と自慢しているらしいです。」

「子供の頃おこづかいがなくて、草花を束ねて母にプレゼントしました。」

「30年前に私があげた子供用のペンダントを今でも大切に持っていてくれている事を昨年知り、うれしくて泣いてしまいました。」
「いつも忙しい母に弟と一緒に夕食を作って、プレゼントを渡す…それが、毎年の母の日で、一番大事な時間です。」

「小学生の頃、あまりお金がなかったので一輪だけ買った花はカーネーションではなかったんです。カーネーションを贈ることをしりませんでした。しかしそのとき母はとても喜んでくれました。何年かして欲しいものを聞いたところ、あのときの花がほしいといわれすごく嬉しくなりました。今でも母はおぼえていてくれて一番好きな花だと言ってくれます。花の力ってすごいと思いました。」

「花屋で買いたい花が友達と一緒だったんですが、あいにく本数が少なく友達と喧嘩になりました」



とても、ほのぼのとした母の日の思い出に、嬉しくなりませんでしたか?

母の日関連ページ
■母の日とカーネーションの関係
■「母の日」の思い出話>暮らしと生活
■「母の日」に人気のあるプレゼントは?

■母の日 - 感謝をこめて真心の思い出作りのプレゼント
■『母の日』にお母さんありがとうの気持ちを込めて
■オンラインフラワーショップ>ギフト・プレゼント ピックアップ

■暮らしと生活の 【時節関連おすすめ特集】

「母の日」に送る人気のプレゼントランキング


毎年の「母の日」に人気のあるプレゼント♪

「母の日」の予算の平均額は、

大体4,000~6,000円くらいが平均だそうです。

また、どんなものが、一番喜ばれるのか? 

「母の日」のお母さんのほしいものランキングでは、

旅行、花束、アクセサリーという順番。


プレゼントの人気NO.1は、やはり「花束」、次に洋服、アクセサリーとなっています。

1位:花束  2位:ブラウス 3位:セーター 4位: 鉢植え 5位 パジャマ
6位:肌着 7位:アクセサリー 8位:現金 9位:カーディガン10位:財布


あなたは、どんなことで、母の日に感謝を表しますか?

母の日のプレゼント以外でのランキングでは、1位が、一緒に外食へ。2位が電話をする。

3位が一緒に出かける。4位がご飯を作るということでした。

高価なものよりも「感謝の言葉」や「花」などをもらうと嬉しい人も多く、この日ばかりは照れくさがらず、面と向かって感謝の気持ちを表すのが基本のようですね。

お母さんは家族の笑顔と自分の目立たない!?努力に対する感謝の気持ちが一番嬉しいのですね。

アイディア次第では、お金をかけないプレゼントの方が、モット喜んでくれるかもしれません。

大切なのは、心ですから、心のこもった「母の日」を演出しましょう♪