ホワイトデーのプレゼント・お返し

バレンタインデーに頂いた、チョコレートの数はいくつでしたか?

頂いた分だけそれぞれの、思いと願いと感謝がこもっているわけです。たとえ義理チョコであっても、プレゼントをしてくださるという行為自体に心がこもっていなければ、行動にはなりません。少なくとも嫌われているわけではありません。  ・・・そう思いたいですよね。

でも、しかし、頂いたからには、そのお返しのプレゼンと返す、贈るというのは、1つのマナーであり、エチケットでもあるのです。

大切な人へ、心を込めてホワイトデーのお返しをしたいですね。

心では、そんな風に思っていてもいざとなると、どんなプレゼントがいいか?何が好みなのか?とあれこれ迷うことも多いでしょう。それぞれの人へ、それぞれのプレゼントとお返し。

でも、ホワイトデーを面倒くさい日なんて思わないでくださいね。

人と人の繋がりが、希薄になりつつある現代社会では、このような商業的なイベントであれ、物を通して、大切な心と心のつながり、そのきっかけと通して、つなぎとめることが出来る、ある意味、とても大切なことでもあります。

ホワイトデーのお返しが、たとえ、義理チョコのお返しであったとしても、何かの縁でどうなるかなんてことはわかりません。

ホワイトデーのお返しが功を奏して、結婚なんてことになることもあるでしょう。

何事も積極的に前向きに、ホワイトデーは、きちんと大人のマナーとエチケットを守り、素敵なお返しを考えてみてくださいね。

もし、よろしければ、こちらもご参考にしていただければよろしいかと存じます。

バレンタインデーについて


毎年、2月14日は、『セント・バレンタインデー』

 さまざまな思い出が、多くの女性の心に刻まれる一つの思い出作りにもなるイベントかもしれません。好きな人の心をつかむ為に、女性は、チョコレートの他に、何を贈ろうかと、いろいろ悩んだりしますよね♪バレンタインデーは、いまや、恒例の国民的行事・イベントと言ってもいいでしょう。

そうなれば、恥ずかしがることなんてありません。当、サイトでは、そんなあなたを心から応援します!というわけで、チョコレートを贈る目的や意味やその歴史などについて、意外と知られていない、バレンタインデーの由来や習慣を、2月14日の決戦を迎える前に、バレンタインデーについてちょっと薀蓄と知識を加えておきませんか?

バレンタインデーについて
 『セント・バレンタインデー』(St.Valentine’s Day) は、2月14に、世界各地で男女の愛の誓いの日として世界各地で祝われます。もともと、269年にローマ皇帝の迫害下で殉教した聖ウァレンティヌス(テルニのバレンタイン)に由来する記念日とされます。

日本では、女性から、好きな男性へ、プレゼントを贈ったり、気持ちを告白したりと一方的に愛情を伝える習慣がありますが、欧米などにおいては、男性も女性も、花やケーキ、カードなど様々な贈り物を、好きな人や、恋人に贈る習慣があります。

ですから、欧米では、日本で見られる、バレンタインのお返しのような、『ホワイトデー』と呼ばれるものは、無いようです。日本だけの習慣的要素もあるのですね。

世界的に、チョコレートを贈る習慣が始まったのは、日本とされる意見もありますが、19世紀後半のイギリスからと言う説もあります。そのチョコレートの中でハート型のチョコレートを発売したことで、バレンタインデーに贈る、チョコレートの魅力に火がついたともいわれます。

日本でもハート型のチョコレートは、爆発的に売れた過去があり、勿論、現在でも依然、人気がありますよね♪日本では、このバレンタインデーに消費されるチョコレートの量は、年間消費量の、4分の1にも達するそうでうす。

最近では、チョコレートにこだわらず、クッキーやケーキを贈ったり、義理チョコといわれるもから、同姓の女性に贈る『友チョコ』なんて呼ばれるものや、女性から男性を意識せず、男性から、女性へチョコレートを贈る『逆チョコ』なんて呼ばれるパターンも増えてきて、バレンタインというイベントも型にはまらず、欧米化が進み、また、オリジナル化されて、自由な発想で広がりを見せているようです。
チョコ2chocolate

バレンタインデーの始まり・起源

愛の象徴として、今に受け継がれているバレンタインデーの主役セント・バレンタイン。バレンタインデーは、キリスト教の聖人の名に由来するものなのです。2月14日。毎年訪れる男女の愛の告白の日に代表されるイベントになった人物。もうすでに、1500年以上も昔の人なのです。

セント バレンタインは、3世紀頃、ローマに実在した、キリスト教の司祭であり、医師でもありました。当時のローマ皇帝、クラウディウス2世は、兵士が家族を恋しがって軍の志気が低下しないようにという強引な理由で、兵士たちの結婚を禁止してしました。

セントバレンタインは、その禁止を破り、若い兵士たちの結婚を望むことに手を貸して、皇帝に知られずに結婚式をとりおこなっていたというのです。しかし、セントバレンタインの禁止を破る行為が皇帝の知るところとなり、その当時、キリスト教迫害の気運の高まりもあいまって、セントバレンタインは、269年の「2月14日」に処刑されたこということです。

そのときに、好きな女性に宛てた手紙に「From Your Valentine」としたためと伝えられています。バレンタインデーの起源の元については、大方、この説が有力であり、定説になっています。


日本と欧米でのバレンタインデーの違い

日本では、バレンタインでーには、女性から、男性へチョコレートをプレゼントする習慣があります。欧米においては、全くそのように、一方的に女性から男性へプレゼントするという決まりは無く、男性から、女性へもプレゼントが行われます。双方が、思いを寄せる、異性にチョコレートに限らず、花束やカードを添えたりして、贈り物をします。


『義理チョコ』なんていう、一体何のためにあるのか解らない、ちょっとうんざりするようなものは、日本だけのものなのです。社会人の方ならば、この「義理チョコ」を渡す儀式も何度も経験されたことがあるでしょう。


でも、やはり、人にあげるものは、日ごろお世話になっている感謝の意味を込めて、心をこめてプレゼントとしたいものです。最初に、日本において、バレンタインデーの広告を出したのは、あの「モロゾフ」で、戦前当時のことだそうでです。


その当時の、アメリカナイズされていない、日本のような「男尊女卑」的な思想を大半が占めているような時代では、なかなか受け入れられなことは、そうぞうできますよね。そして、戦後、バレンタインーとして、日本チョコレート・ココア協会が、2月14日を「チョコレートの日」と制定し、チョコレート会社の大々的な宣伝戦略が功を奏して、1970年代後半から定着し始めということです。


ホワイトデー:大切な彼女へのバレンタインデーのお返し

友チョコ・義理チョコ・本命とバレンタインデーのチョコレートには、それぞれ悲喜こもごもの思いが詰まっています。

でも、義理でも本命でも、そのチョコレートには、何かしらの心が込められているものです。

3月14日は、ホワイトデーでには、バレンタインデーで頂いたチョコレートのお返しは、必ず、しなくてはいけません。

それは、イベントの1つのマナーでもあるわけです。

女性から男性へ。

男性から女性へ。

バレンタインデーとホワイトデーの目的、本来は、どちらでもいいんです。

貰った心のお返しを、忘れないようにしましょう。

人と人の繋がりを大切にしないと。

「バレンタインデーのお返しのホワイトデーには、何を返そうかな?」と迷ったり、困ったりされている方に、ホワイトデーのお返しの贈り物をご紹介いたします。

きっと喜ばれるに違いありません。


月の土地が贈れるギフトカード【MOON GIFT CARD】


メンズバレンタインデー:9月14日は愛する女性に下着を贈る


2月14日は、バレンタインデーです。 そのお返しのホワイトバレンタインデーは、一か月後の3月14日。 たくさんの男女の間で、チョコレートやマシュマロといったお菓子のやり取りが行われるわけです。 そこには、物という見える物のやり取りを通して、いろんな気持ちが行き交うわけです。 まあ、お菓子会社や商売上手な企業の営利活動に参加しているといった別の側面もあるわけです。

バレンタインデーや、ホワイトバレンタインデーは、プレゼントを渡したり、貰ったりしたことのある人は、もちろん、貰ったことのない人でも、知っていることと思います。

それでは、【メンズバレンタインデー】という日をご存知でしょうか?

メンズバレンタインデーは、男性が、女性に対して何を渡す日でしょう?

【答え】:男性から女性に下着を送って愛を告白する日。


そんな日があるのを知りませんでした。 そりゃあ、男性には縁の無いあたしには関係ない? いえ、あたしには、ちゃんと愛する旦那様がいます。 9月14日をメンズバレンタインデーと定めたのは、1991年だそうです。

男性が、女性に下着を贈るって、ちょっとエロいなんて気もしますけど、どんなシチュエーションでプレゼントするんでしょうね。 でも、テレビでは聞かないし、あんまり流行ってないような気もします。 そもそも、愛を告白するアイテムの敷居が高いような・・・。

チョコレートで溢れるバレンタインはいいとしても、下着がずらりと並ぶメンズバレンタインコーナーとかに男性が群がっている場面を想像するだけで、敷居が高いっつうの。

「僕は、実行して彼女のハートを掴んだぜ!」 という猛者は是非、おしえてくださいませ。 ちなみに、ホワイトデーから半年目でもある9月14日は、別れを切り出す日でもあるのですっって。

この日は、カップルのみんな!気を付けて?!

でも、下着をプレゼントするメンズバレンタインデーの日は、これぞ、本命の女性にしか上げられないですよね。いきなり、下着なんてもらったら相手によっては、「変態!」って思われるかもしれません。

下着だけにちゃんと、下地を整えて、渡しましょう。



ほんでもって、今日、別れを切り出された相手は、知恵もの。 この日まで、あなと別れたいという思いを辛抱に辛抱をこらえて我慢してきたんだから、 そこは覚悟を決めてきれいさっぱりと別れてあげましょう。



節約生活:OchiBoレシピ

暮らしと生活の為になる情報をお届けするサイトへようこそおいでいただきましてありがとうございます。当サイトでは暮らしの情報を中心に時節・雑学などを盛り込んで、人気ショッピングモールを中心に、ファッション・グルメ・旅行など ネットの中の納得と信頼の価値のある情報をお届けしています。インターネットを通して暮らしと生活が実り多く、豊になるために少しでもお役に立てれば幸いです。どうぞ、ごゆっくりご覧くださいませ。尚、商品のご利用・ご購入につきましては、広告主様サイトの詳細をよくご確認のうえサービスをご利用くださいませ。 サイト運営者:Hiromi

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

カテゴリ