暮らしとオフィスのレンタル商品


便利で使い方さまざまな暮らしと生活のレンタル

たくさんの方たちが、集まっておられましたが、初めての方ばかりの集まりで共通の趣味の方がこんなにおられるのかと、少しびっくりしました。

貸し会議室は、初めての場所らしく、こんなにたくさんの方がお見えになるのら、もう少し、大きな貸し会議室を借りればよかったと、主催された、講師の方が言っておられました。

でも、貸し会議室は、初めてのイベントを行う主催者側の方にとっては、きちんとした芭蕉を確保できて、非常に利用しやすくて便利だと感じます。


会議室のレンタルは便利で暮らしと生活のなかで使い方は様々です。

レンタル会議室なら、オフィスに空いてる会議室がない時など緊急時にも対応出来ます。

面接会場・セミナー会場・研修会場など、様々な用途にも利用できる貸会議室。

貸会議室・横浜の貸会議室など、希望するエリアで貸し会議室をレンタル出来ます。


暮らしの中で大切な子供の教育と感謝を教える


子どもに対する教育方針に関して、私達夫婦は、これまでそんなに対立したことは無いのですが、でも、やはり多少の食い違いはあるものです。

私達は、食い違うからといって、 こと子どものことに関しては、喧嘩にはならないのです。

私もそうだけど、夫も子どものことを愛しています。

私の子どもではなく、夫の子どもでもない、

二人の間に授かった大切なかけがえの無い、 私達二人の子ども。

意見の対立はあっても、必ずそこには、家族の愛を 感じるから、真剣に対話することによって互いの意見を尊重することを忘れないようにしています。

こともの幸せを、夫婦が互いに前向きに考えているならば、必ず互いに互いを尊重した教育方針が立つはずです。

また、そうでなければ、子どもにとっても、幸せではないのではないでしょうか?

でも、やはりそう入っても、一番微妙だったのが、 子ども達を、塾に通わせるがどうかということでした。

随分、話し合った結果、私達は子どもの自主性を伸ばすために、塾に通わせないことにしました。

これは、決して費用がかかるからとかではなく、勉強を自分からしたくなる家庭環境であれば、どんなに幼くても、自らの好奇心で、与えられた環境の中で十分に自分の学習能力を高めてくれると判断したからです。

結果的には、私達の子供は、自慢するわけではありませんが、 常に、学校の中でもリーダー的な存在として、スポーツも勉強も今ある環境の中で精一杯力を発揮して、また、一生懸命頑張ってくれている姿に、よかったという思いと感謝の気持ちで 子ども達に、いつも「ありがとう」って感謝しています。

洗剤:洗濯は暮らしと生活の重要な家事


家庭の主婦にとって日常の家事の中で、大変なことはいくつもあります。洗濯はその中の一つでもあります。我が家は、育ちざかりばかりの子だくさんなので、毎日、洗濯物しなければなりません。洗濯に使用する洗剤の費用もばかになりません。


安いものだと選択しても洗い残しやにおいが残っていたりと、しっかりと洗濯したいのに、不満が残る場合があります。洗剤を選ぶ際には、価格を重視することはもちろんですが、メーカーや使用している成分など、環境に対する配慮など、総合的に比較して、購入することにしています。洗剤は、子だくさんの我が家で使用する為の洗剤として、とても経済的で、使用感も満足できるものです。

また、環境にやさしい、詰め替えや希釈タイプなど品ぞろえも豊富です。



【時節】:年の瀬は一年の締めくくり「元気をつなごう!」


今年も後もう少しで終わってしまいます。

終わってしまうという言葉は何か違うかもしれません。

今年が過ぎて、新しい来年がやってくるということなのでしょうね。

元気って一体、どこから出てくるものなのでしょう。

それは、笑顔かもしれません。

自らの笑顔、人と合うたびに出会う笑顔。

来年も、元気で頑張って行こうというときに、深刻な顔をしても仕方がありません。

辛いからこそ、笑顔で頑張ろう!と思えば、元気も出てくるはずです。

元気をつなごう。

一年は、一つの節目であり、あなた自身、そして、私自身の節目。

今年は、いいことが無かった。

今年いいことが無かったということは、来年はキットいいことがある、そんな風に信じて前向きに生きて生きたいです。

家事に役立つ「ウッカリを防止する携帯・スマホアプリ」


主婦にとって毎日の家事は大変な仕事です。子どもが小さいご家庭においては更に大変です。毎日の食事の支度に必要なお買い物。安く購入できるお店を毎日チラシで確認しては、節約生活を実行しています。

毎日の買い物も、あれもこれも買わなければならない時って、つい買うのを忘れてしまう時ってあります。そんな事が結構、たびたび起こるようになってきました。「とうとう来たな」、なんてことを言われる始末。

最近は、買い物忘れを防ぐために、いろんな方法を考えています。携帯機能を利用したお買い物忘れ防止サービスはとても便利です。買い物時のリスト作成に役立つ「メール登録機能」「お知らせメール」などのサービス機能があれば、もうこれでお買いものは、忘れますせん。

梅雨時の楽しい暮らしと生活の方法


新緑も深い緑に変わり陽射しが強くなって移り行く季節を感じますね。

沖縄地方に続き、奄美地方でも発表された入梅。

これから北上して行く梅雨前線に またあの季節か~と気分が憂鬱になる人も多いはず。

雨の日は外にでるのもなんだか・・

そんな日ならではの楽しみ方も♪

晴れているのにお日様にあたらないともったいない!

と疲れていても、つい外出。

そこで雨の日はDVD鑑賞や読書好きな音楽をかけながらゆったりコーヒータイムなんていかがですか?

家族とのおしゃべりも増えて楽しそう!

雨の日も楽しく過ごしましょうね♪


暮らしと生活の水のトラブルの解決方法


水のトラブルは、突然やってきます。

とても、身近な水は、私の生活に無くてはならない存在で、私達の生活に水に関わらない生活など考えられないですよね。 ですから、普段の生活は、水周りの安全と機能がきちっと働いて、 日常、家事にいそしむ主婦の仕事がスムーズに行く。

でも、トイレつまりなど、一度トラブルに見舞われると、 ほんと、素人では、対応できないことってあるんですよね。 生活の中で、水漏れ、夜中の、ポタ、ポタと聞こえる、水漏れの音は、 気になるし、あまり気分のいいものではありませんね。

でも、わたしには、そんな、小さな水漏れを修理することさえどうしていいのかわかりません。 やはり、そんなときに、頼りになるのが、専門家ですね。 暮らしと生活の中で、24時間対応で、いつでも、飛んで来てくれる業者さんは助かります。 水のトラブルは、待ったなしですね。少しでも、解決のヒントになれば幸いです。

暮らしと生活に欠かせない運転免許


自動車教習所で車の免許をとりました。

もう随分昔の話になるのですが免許を取り立ての頃って、やっぱり若いし、いい格好をしたいから、早く車に乗りたい。

せっかく車の免許を取ったのに、ペーパードライバーのままでは、運転の実習で実技を習ったのに忘れてしまう。

始めて、教習所で車のハンドルを握った時には、こんな大きなものが、私一人のハンドル操作で動かせるんだあと、何か不思議な感覚にとらわれおもいでがあります。

それまでには、原付の単車には、乗っていたけれど、やっぱり、単車と車では違います。

これまで車を免許を取ったお蔭で、免許証と言うものがあれば、いろんな事に役に立つものだと感じます。

身分を証明するものとしては、免許証を持ち歩けばいいし、車を運転できるのと出来ないのでは、大げさかもしれないけれど、人生においても、ものすごいその恩恵を受けているものと感じます。

車の免許をとるのには、教習所へ通うための相当の費用が掛かりますが、でも、その費用なんて、車の免許証を取る事が出来れば、返ってくるものは、想像以上に大きいものがあるはずです。


暮らしと生活の大切な住まい


暮らしの中で、一番大切なものとは何でしょうか。

それは住む家ですね。

家族が出来て新しい新居を構える事となりました。

その間に子どもが3人。

子どもたちの成長とともに数々の思い出をこの家と供に過ごしてきたわけです。

家の柱には、子どもたちの成長の記録が残されています。

人生の中で、家を購入する事は、一度きりかと思っていたのですが、そうではなかったようです。

家族が増えると供に、生活が安定してくると、やはり、もう少しゆったりと暮らせる住まいが欲しいと感じるようになってきました。

2度目の新しい家を購入するのなら、今がチャンスなのかも友おもいます。

自宅の不動産売却を慎重に行い、中古マンションの購入や新築マンションの購入などいろんなことを考えています。

人生の中で2度目の最後の家を購入することになるので、慎重に物件を探したいと思っています。

納得の行く家を見つけたいですから。

価格も割安の ボージョレ・ヌーボーワイン解禁!


ボージョレ・ヌーボーワインの販売が解禁

フランス産の新酒ワイン「ボージョレ・ヌーボー」の販売が19日午前0時に解禁され、輸入元によるイベントが開かれた東京・表参道の結婚式場では、約150人のワインファンが集まり、新酒のさわやかな味わいを楽しんだ。

今年のワインは、50年に一度の出来だということです。

50年に一度、なんて、一体、その数字どこから出てくるのかということですが・・。
景気は100年に一度のどん底不況。

まあ、半世紀ちゃんに一度しか生まれない美味しさということらしいです。

でも、去年もそんなことを言ってたような気がします。
確か、去年、もっと絶好調な言い方をしていたかもしれません。

美味しいことをあまり、形容しすぎると、まるでヤラセのようで嫌味に感じます。

私は、もともと、ワインは大好きなので、ボージョレ・ヌーボーに限らず、ほぼ、毎日ワインを飲んでます。

さて、解禁になった今年の「ボージョレ・ヌーボー」の価格は、1000円を切る節約価格ということなので、かなり手に入りやすい状況。

みんな、もう、「ボージョレ・ヌーボー」のお祭り宣伝パフォーマンスに飽きてきたのかもしれません。

来年は、どんな味の形容詞が付くのでしょう。

今年のワインの味を自分で飲んでみて、だらだらと評価して見ましょうか。

今日は、ワインの日。