暮らしと生活の文化とお祭り・ハロ-ウィン


「ハロー!ウィン!」は、日本でも随分と知られるようになった、暮らしと生活の中の子どもたちのお祭りイベントです。夜な夜な、深夜に大きな声で「ハロー!」「ハロー!」と唸りながら、勝ち誇って「ウィン!」「ウィン!」「勝った!」「勝った!」と叫ぶ、雄叫び祭り。

「うっそ~!???」

「悪い子はいねえか~~!」「悪い子はいねえか~~!」それは、「なまはげ!」
  ・男鹿市ホームページ
  

正式名は「ハローウィン」です。ハローウィンとは、キリスト教のお祭り(?)で、ちょうど日本の「お盆」に当たる行事とされています。

10月31日に行われます。 

「悪い子はいねえか~~!」「だから~、違うってッ!」

日本の暮らしと生活の中には、まだ、あまり浸透はしているわけではありませんが、「ハローウィン」という言葉は、ご存知のことかと思います。キャラ的には、かぼちゃ。大きなかぼちゃを、△(さんかく)や□(しかく)に目鼻に、くり抜いた「おばけ顔ちょうちん」が夜な夜なゆらゆらとローソクの炎に照らし出されて、恐怖を煽ります。

「ぎゃーっ!」「そんなことナイ、ナイ」

日本では、かぼちゃは食用ですが、あちらでは、家畜の飼料になるのだとか。かぼちゃの種類もが違うらしいのです。わたしは、いつも子供達から、「いつも明るいね♪」って、褒めてもらえる事に感謝してるんですけど。

少しだけ、美人じゃないことに子供達に対して「申し訳ないなあ」なんて感じてます。まあ、いつも「素ッピン」だから仕方がないね。

でも、ハローウィンは、私にとって家族にとっても楽しいお祭り。一日だけのシンデレラになるのです。

私、「コスプレ」大好き♪

でも、エッチな趣味はありませんです。

去年、シンデレラの衣装を、ひょんなことから頂いて、ハローウィンで発表会!非日常的な、メイクやファッション は、私を生き生きさせてくれます。

今年も、準備に家族みんな何かをたくらんでいるようですよ~(*^。^*)普段化粧しない私の一番綺麗になれる一日だけのシンデレラ。でも、トイレットペーパをグルグル巻きにしてのミイラやフランケンシュタインは止めてね♪

「いいよー!!」


暮らしと生活の大切な存在・家族と子ども


子供に教えられたことは、暮らしと生活を営んでいると、とてもよく経験することです。今、子供の一生懸命に生きた姿に幸せと感謝を感じます。 大切な私達夫婦の子供として生まれてきてくれた。「マー君ありがとうね!」

彼は、私達夫婦に生きることの大切さを教えてくれました。ちいさな命を、懸命に輝かせて生きてくれました。一歳の誕生日を迎えるその日に彼は、短い一生を終えたのです。私達の、暮らしの中の家族として生まれてくれた「マー君」ありがとう。

ほんの短い間でも、暮らしと生活の間で、私達は、親として、あなたに巡り合えた。あなたが、この世に生まれて、私達に残してくれたものは、あまりにも大きなものでした。

あなたが、この世に生きていれば、ちょうど3歳ですね。この2年、暮らしと生活の中で、あなたが私達に残してくれたもの意味を、知るためにたくさん泣きました。そして、たくさん苦しみました。

でも、たくさんの苦しみも、たくさんの悲しみも、今は少しだけ癒されて、ほんの少し今を生きる為の力になっていることに気がつきました。暮らしと生活の中で、あなたの懸命に生きた姿は、私達にこれから生きていく未来に絶対に、どんな苦しいことがあっても一生懸命に生きていこうと誓わせてくれたのです。

「マー君ありがとうね!」お母さん達をいつまでも、見守っていてくださいね。これからも頑張って、現実の暮らしと生活の中で、あなたの分まで毎日を大切にして、生きて生きたいと願います。




暮らしと生活の旅行


只今、行楽のシーズン真っ只中!これからは、気候も良くなりお出かけするのには最適に季節です。私達夫婦も、毎年この季節には必ず行くところがあります。二人にとって、とても思い出深いところです。二人で話し合って「よし!ここにしよう!」と決めた場所なのに・・・。

そこは、ひなびた温泉の隠れ家的な場所。日常の暮らしと生活から少し離れて、主人の知り合いからとても良いところと聞かされてはじめて出かけたときのことです。その時は、まだ車の免許をとり立ての主人、車でのドライブとなりました。

そして、車も出発する前の日に納車されたばかり。私は、少々不安を感じながらも、助手席に乗り出発・・・。暮らしと生活の非日常を楽しむために、一泊の予定で出かけた温泉宿、泊まり客も1日3組しか泊まれない宿をお友達のつてで、無理をして予約したのに・・・

そんな時に限って、神様は私たちに試練を与えるのですね:)途中で、事故を起こした挙句、そのまま事故処理を終えた後に傷だらけになった新車を運転し、ナビなど車についていなっかたので、道に迷い、

人に道を聞くたびに、「車どうされたのですか?」なんて質問されながら、温泉に着いたのが、夜の11時・・・。「ア~ア、もう最悪!」このまま書き続ければ、2日くらいかかりますので、適当に、二人の馬鹿夫婦の喧嘩を想像してください。

そんな散々な目にあったのですが、その温泉やどのご主人の温かさで私達夫婦は現在も仲良くやってます。その恩返しに、毎年、必ず出かける心癒される温泉です。暮らしも毎日、同じことの繰り返しでは、とても、楽しいことがなくなってきます。毎日の暮らしと生活の中で、たまには、息抜きをしなくては、病気になってしまいます。

そんなときには、温泉が一番いいのですよ。

暮らしと生活の動会


わが子は、現在小学2年生。この週の日曜日に、運動会の予定が雨で延期になってしまいました。前の夜には、せっせと明日の子供の運動会のお弁当作りの下ごしらえに余念が無かったのですが、朝の段階で、延期の連絡が・・・。それで、明日が、暮らしと生活の中の大きなイベントである運動会なんですよね。

毎日のありきたりな生活と生活の中で、とってもいろんな変化のあることを提供してくれる子ども達。本当にありがたいものです。主人と2人の生活と暮らしなんて私には、とても考えられません。我が家の運動会の定番は、お寿司です。幼稚園から、我が家では、必ず子供の運動会には、家族揃って出かけています。おじいちゃん、おばあちゃん、私がやっている店で働いている職人さん達。

あっ、それから忘れてました。私の主人。内の主人は、運動会になると決まって、お腹いたを起こす。いつもトイレットペーパーを持って、いつもうろうろ。この人にはこのかん、暮らしと生活全般に、トイレットペーパーが欠かせないのです。

お寿司だと、前の夜から作っても大丈夫。巻き寿司やいなり寿司、それから手巻き寿司は、タッパーに別々にネタやシャリを詰めて、ネタは、傷まないように、中に保冷剤を入れた状態で運びます。運動会のお昼は、息子を交えて寿司パーティーが始まるのです。

これが、暮らしと生活の中でのみんなの楽しみなんです。息子の運動会よりもこちらの寿司パーティの方が楽しいかもしれません。今年も、リレーでは、他の子供達からバンバンごぼう抜かれ・・・。運動音痴は、パパに似たのかしら?でもそんなの関係ない!内の息子は、そんなこと気にしない!いつも、笑顔を欠かさない優しい子供ですから!

こうして、暮らしと生活の中で、子どもは子どもなりに、現実の中で経験を積んで逞しく育っていくのでしょうね。

運動会にお寿司は、ホントにいいんですよ。お酢だから食中毒の心配も少ないし、お寿司は、消化が早いから、子供がおるご飯を食べた後に競技が始まっても、お腹にもたれない。暮らしと生活の中で、行楽に出かける時にも、やっぱりお寿司はいいですよ。


暮らしと生活の癒し・温泉旅行


私達の心の故郷である温泉は、暮らしと生活の中で、培われてきた有形無形の大切な財産です。

日本は、温泉天国、最近では、いわゆる一般の銭湯並みの入浴料で入れるスーパー銭湯といわれるれっきとした温泉が新しく生まれ続けています。暮らしと生活の中で心と体を癒すことの出来る温泉ってやっぱりいいですよね。

日本全国各地に存在する様々な温泉。日本は、火山列島だから何処に行っても温泉がありますね。暮らしと生活にとって、日本人にとって温泉は、過去の歴史から長くDNAに記憶されてきており、誰もが心安らぐ癒しの場所として親しんできました。

私達、家族が毎年訪れている、有馬温泉や嬉野温泉といった代表的な人気の有名な温泉街もあれば、ひなびためったに誰もおとずらることの無いような温泉、また秘境といわれるような、施設などの設備の無い原始的な温泉。人の体が求めるものは、その温泉の成分に秘密があるのかもしれません。

確かに、今では温泉に含まれている有効な成分は体を健康にしたり、病気を回復させたり効果が認められていますが、やはり、昔の人は、本能的に生理的に温泉を求めていたのではないでしょうか?ですから、自然の贈り物であるこの温泉。いつまでも変らずに温泉遺産として、永遠になくなることはないでしょう。暮らしと生活の中で経験してきた、人それぞれの温泉にまつわる思い出と共に。暮らしと生活の非日常の経験、温泉も兼ねてどこか旅へでかけませんか?



新・暮らしと生活の情報館

暮らしと生活の為になる情報をお届けするサイトへようこそおいでいただきましてありがとうございます。当サイトでは暮らしの情報を中心に時節・雑学などを盛り込んで、人気ショッピングモールを中心に、ファッション・グルメ・旅行など ネットの中の納得と信頼の価値のある情報をお届けしています。インターネットを通して暮らしと生活が実り多く、豊になるために少しでもお役に立てれば幸いです。どうぞ、ごゆっくりご覧くださいませ。尚、商品のご利用・ご購入につきましては、広告主様サイトの詳細をよくご確認のうえサービスをご利用くださいませ。 サイト運営者:Hiromi Saito

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス