暮らしと生活の中の情報の必要性


情報を得るということが、日常の中でどれほど大切であるかということは、平穏な暮らしの中では、少々、その意味を知ることから遠ざかる毎日かもしれません。

しかしながら、この日本の現在の国のような100年に一度の経済状況と不況にある場合、情報というものの価値は飛躍的に向上します。また、向上しなければなりません。

情報は、平穏な暮らしの中では、目に見える形ではなかなか発揮されることは少ないかもしれません。少ないというよりも、その情報が、暮らしと生活に馴染む形で発揮されていることで、気がつきにくいということなのでしょう。

しかしながら、この日本の100年に一度の経済状況・不況という現在や、暮らしと生活の中で、非日常的なことが起これば、そこに必要になってくるのが、情報という知識の蓄積になるわけです。

その知識となった情報は、その非日常的なことや、困難やクリアしなければならないハードルが日常にあらわれたときに、確実に必要になります。

しかし、その知識や情報は、それだけでは、暮らしと生活に即、役に立たないということなのです。どういうことかといいますと、知識や情報は、使える状態に形を変えなければなりません。知識や情報がそのまま現実の課題を乗り越えるためのお手本になることもあるでしょう。

でも、日常におこる現象というのは、個々人で、千差万別です。ということは、そこには何が必要か?

知恵です。

情報と知識を知恵に変える力が無くてはならないということです。暮らしと生活の情報は、今では、多くの情報源、メディアが存在します。

そのなかでも、インターネットの情報は、与える側のメディアから、求めることの出来るメディアの中でも最強の情報源となりました。

しかし、その暮らしと生活の情報をせっかく得たとして、間違った情報や誤解をそのまま受け取る問うようなことが内容にしなければ、情報が情報としての機能を生活の中で発揮することは出来ません。

そこに必要なものこそ、これまでに情報と知識を得て、活用された「知恵」に他なりません。暮らしと生活の情報の中から得るものは、そこから導き出される生きた知恵でなければならないのですね。

英会話上達の秘密兵器!?・LとRの発音矯正具(特許取得)

英会話上達の秘密兵器!?・LとRの発音矯正具(特許取得)

ネイティブな語学の習得には、その段階には、壁がつきものです。

発音というものの難しさを、習得すればするほど痛感していらっしゃるかたもおおいでしょう。

でも、諦める必要はありません。

下記の重要なことを、よくお読みになってみてくださいね。


ReaL Stick は、日本人が一番苦手としている
    英語のLとRを短期間に修正する世界唯一の魔法の道具です。

実用英単語7116語を分析した結果、LとRの使用頻度は、82.3%にまで達します。すなわち100の単語が使われると、LあるいはRが82回以上出てくる計算になります。又LとRを入れ替えると、別の単語になってしまうものが500語近くもあります。

ReaL Stickのユニーク性と効果が高く評価され、ほとんどのテレビ、ラジオ、新聞、雑誌等に紹介されました。又NHKテレビの人気番組「英語でしゃべらナイト(2009年12月18日放映)」にDr.キノシタが英語の達人としてゲスト出演し、この ReaL Stick が紹介されました。


Dr.キノシタの開発した教材はYouCanSpeakを始め全て有力国会議員の推薦を受けています。

☆ ツルネン マルテイ氏
   参議院議員、日本史上初の青い目の国会議員、
   長年日本人の英語教育に携わる

☆ 土肥隆一氏
   衆議院議員、マーティン・ルーサー・キング牧師記念の
   「国際名誉グランド・マーシャル」受賞-日本人初


いかがですか?

魔法のスティックで、苦手の克服にあなたも挑戦して見ましょう♪

どんな人でも簡単に習得出来る英語のLとRの発音矯正具(特許取得)

◆「英語でしゃべらナイト」でも取り上げられた英語発音矯正具 【ReaL Stick】

幸運 引き寄せ法>世の中の不況に左右されない運

日本の今の経済の中で、暮らしと生活は、大変と感じていらっしゃる方は、非常に多いでしょう。

その大変と感じることの中には、まず、経済苦といことが大きく影響していますね。

年末から新年にかけて、これから出費続き、お金は出る一方なのに、入ってくるお金は限られている。

でも、世の中全体を見てみれば、不況なんて関係の生活をしている恵まれたかもいる。

そんな時に感じることは、運というものですね。

一生懸命に働いているのに、その働いた分だけの幸せを感じることが出来ないというのは、今、現在の運というものが大きく左右している。

そんな風に感じることも出来るのかもしれません。

その運を左右しているものは、何でしょう?

それは、あなた自身であるとしたらどうします。

もう、そのように感じていらっしゃる人もいるでしょう。

そうですね。

運は、自分で開くものですね。

じゃあどうするか?

それは、運のいい考え方をする。


運の良いものを求める。

それが引き寄せの法則です。


世の中の不況などに左右されない生き方を引き寄せてみませんか。


それが、幸せです。


◆幸運を引き寄せる【フラクタル・サーキット】
★人生の幸せと幸福/引き寄せの法則 | ヒーリング | 健康 | 金運上昇 | 恋愛成就(000a0000)

【開運財布】で暮らしと生活の貧乏脱出

世の中の暮らしの経済は、今年も一年、厳しい状況が続きました。

でも、そんな中でも、みんな一生懸命に、頑張っていますね。

こんな時だから、頑張れる。

こんな時だから、何か出来ることがある。

何でも、前向きにとらえることが、未来の明るい展望を開く上でとても大切です。

運というものは、待っていてもやってきてはくれません。

運は自分で開くものだとよく言われますね。

その意味で、自分の運を開くための、手助けをしてくれるものがあれば、
とてもありがたいと思いませんか?

ホントなんだかよく売れている財布。

その理由をご自分で知ってみるのもいいでしょう。

運は自分で開くもの。

テレビ、カタログ通販でおなじみ【開運の財布】

暮らしと生活の視点【スタイルは足のバランスで決まる】

写真雑誌のモデルといわれる人たちは、顔は勿論ですが、当然、スタイルも良くてはならない。

でも、人間には、人それぞれ、個性があります。

でも、美的感覚というものに個性がないとするのならば、やはり、その美的感覚の的を得るための様々の努力を人間が重ねるということも、その美的感覚に個性というものが必要とされないということを証明していることにつながるのかもしれません。

回りくどい言い方ですけれど、人が美しくなりたいと思うことに個性というものが乏しいというこです。

これは、1つに真理であり、1つに間違いでもあるわけです。

正しくもあり、間違っていることでもある。

人間というのは、そんなところで暮らしており、生活をしているわけです。

まあ、そこに程ほどの暮らしを維持するために決まりごとがあるわけです。

生きる為のボーダーライン。

法律というものですかね。

なんだかわからなくなりましたけれど。

スタイルを良く魅せようとする努力もそれはそれで間違いではないということを言いたかったわけです。

簡単に5センチ背が高くなる方法。