暮らしと生活で鯨を食べる国は日本だけ?


日本では、昔から鯨の肉を食べる習慣が続いてきました。

母の小学生の頃には、学校の給食に鯨の肉が出てきたことがよくあったそうです。鯨の肉って今でも、ほんのたまに、売られているのを見たことがありますが、実際に、食べた事が無いので、あまり食べたいとも思いません。


鯨の捕鯨に反対する国があるけれど、鯨の肉を食べるのは、日本だけかと思っていました。

でも、実際には、世界各国で、鯨の肉は食べられているようです。


※米国・アラスカエスキモー・ロシア・チュクチ先住民 ・米国ワシントン州マカ族・ロシア・チュクチ先住民・デンマーク・グリーンランド住民 ナガスクジラ・セント・ビンセント(ベックェイ島沿岸)などだそうです。(ヤフー知恵袋より)

暮らしと生活のアラフィフティー・50前後からのパソコン

ちょっと頑固な年齢へ突入!でも、始めたいパソコン。

そんな、アラフィフティー・50前後からのパソコン始めませんか?

パソコンンと縁のない生活を送ってきた者にとっては、パソコンというものは、単なる便利な箱。 確かに便利な箱という認識はあるものの、でも、単なる箱みたいなもの。 

しかし、そんな箱の中身の便利さと言うものを知りたくなった。アラフィフティーと言う年齢。ジャスト50歳にて、パソコンを始めるというジャストな御仁もいるだろう。

しかし、大方、50前後のアラフィフティーの年代から、パソコンを始めようというのには、なんとなく辛いものを体力的に感じるものだ。

体力的な負担と言うその具体的な要素については、このアラフィフティー、50という年代の前後の方なら、だれでも思い当たる節があるだろうから敢えては、語る必要に及ばない。

精神的にも、かなり何事に対しても、積極的になりにくい年齢のアラフィフティーにとって、50前後からのパソコンを始めることは、とても、一大決心なのだ。息子に馬鹿にされようと、嫁に冷ややかに置き去りにされようとも。

何かを始めることに遅くはないはず。

アラフィフティー・50前後の年代の人たちよ。後ろ向きに頑固の垢を摘んでいかないようにしなければなりません。

これから先の人生と考えれば、パソコンを生活の中の自分にとって、便利な箱なのだと言うことを実感できるように、アラフィフティー・50前後からのパソコンに挑戦してみませんか?

暮らしと生活の防犯対策は監視カメラから

世の中には、いろんな人がいます。

いろんな人の中に、いい人もいれば、悪い人もいるのです。いい人ばかりなら、世の中の暮らしと生活は、今とは全く違うシステムになっているはずです。社会の中で人間が生きていく上でのルール何ていうものも、法律なんてややこしい制度を使って、人間を支配したりしないで済むかもしれません。

でも、やはり、人間社会と言うものは、いろんな人たちのお蔭と言っては何ですが、好い人もいれば、悪い人もいるそんな社会だからこそ、人間の一人ひとりの知恵が磨かれていくのでしょうね。

要するに、人間としての学習能力は、そのような社会の中で培われていくものなのだと感じます。

暮らしと生活においては、防犯意識は欠かせません。自分の事は自分で守るという防犯の予防と対策が必要です。監視カメラの設置というのは、家の安全を守るための基本ですね。

暮らしの中の生活の安全は、幸せな毎日を送りたいと願う人の求める大切な事です。

暮らしと生活に必要な【とりあえず】お片づけホルダー

私は、暮らしと生活の中において、とても大切にしている言葉があります。

それは、【とりあえず】という言葉です。

とりあえずなんていうと、なんだかどうでもいいことの1つになってしまいそうですが、暮らしと生活においては、日常の雑多の中で、とても、忙しいときには、今、している事がいつものマニュアル通りというか、極、普通にほとんど意識せずに、物事をこなす事が出来ないこともあります。

とくに、何か物を整理したり、片付けたりする事において、「これどこにしまって置こうかしら?」なんて思う事があります。

でも、それを一日の忙しい流れの中で、その考える事に時間を使う事によって、どんどん、次にしなければならない事が後回しになっていくと、暮らしと生活のリズムが崩れる事にもなりかねません。

暮らしと生活にゆとりと余裕をもって日常の生活の質を高めるという事においては、そのご自身の一日の流れを止めるようなことは、【とりあえず】と言う場所を作っておいて置くわけです。

その、【とりあえず】というのは、先ほどの、目に見える形の物をどこかに整理するための事だけではありません。何かの用事などについても、今、集中して考える事が出来なければ、【とりあえず】メモをして未処理の案件として、落ち着いた時間が取れるときに残しておく事なのです。



忙しいときに、何か物を整理しようとして、片付ける場所を考えても、結局、忙しさゆえに、その物を片付けた場所を忘れてしまって、その物自体が無駄になるなんて事は、よくあることです。

ですから、何でも、きちんと集中して物事を整理、解決できない時には、未決処理として、【とりあえず】というホルダーを、見える形と、見えない心の中の形として、私は、いつも作るようにしています。

でも、それが習慣にならないようでは、せっかくつくった、【とりあえず】というホルダーの存在さえ忘れてしまって、結局、無駄な事になるので注意が必要です。(笑)

暮らしと生活の自営手段は防犯カメラ


水と安全はタダ。なんていう言葉は、日本では死語になりつつあるのかもしれません。安全な国、日本。でも、その日本も、昨今の経済と景気の悪化により、暮らしと生活は、とても厳しい状況を強いられ、ゆとりや余裕といったものを感じられなくなってきたように思います。

ニュースでは、毎日のように血なまぐさい事件が映し出されているのです。そんな世の中を観れば、安全の予防と対策は、自ら実践しなければ、他に頼っている時代ではないのだということ感じるでしょう。

防犯に対する安全意識も、自営手段を講じる必要があるでしょう。まず、家族の安全を考えれば、自宅には、防犯カメラを設置して、外から侵入を防ぐための対策から始める事を考えますね。

そのほかには、侵入されないような鍵などの対策や、警報システムを大手の警備会社との契約で、更に、確かな安全を確保するという事も、家族という大切な財産を守るためには必要な事です。


カテゴリ

新・暮らしと生活の情報館

暮らしと生活の為になる情報をお届けするサイトへようこそおいでいただきましてありがとうございます。当サイトでは暮らしの情報を中心に時節・雑学などを盛り込んで、人気ショッピングモールを中心に、ファッション・グルメ・旅行など ネットの中の納得と信頼の価値のある情報をお届けしています。インターネットを通して暮らしと生活が実り多く、豊になるために少しでもお役に立てれば幸いです。どうぞ、ごゆっくりご覧くださいませ。尚、商品のご利用・ご購入につきましては、広告主様サイトの詳細をよくご確認のうえサービスをご利用くださいませ。 サイト運営者:Hiromi

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス