新・暮らしと生活情報館・メイアイヘルプユー?     

パトカーに反則切符


「駐車違反のパトカーに反則切符」だって!

交通違反の取り締まり中の三重県警鈴鹿署のパトカーを駐停車禁止の交差点付近に止めたとして、運転していた同署地域課の巡査部長(54)が交通反則切符を切られていたことが19日、分かった。市民の通報で違法駐車が発覚、巡査部長は反則金1万200円を払い、2点減点されたという。

県警によると、巡査部長は同僚の巡査(25)と昨年11月10日午後9時ごろ、近鉄鈴鹿市駅近くの交差点で、一時停止違反の取り締まりなどをした際、パトカーのエンジンを切り交差点そばに約10分間、駐車したという。

通りかかった男性が津地検に連絡し発覚。鈴鹿署が調査した結果、巡査部長らが行っていた取り締まりには、駐停車禁止が例外的に許されるような緊急性はなく、交通違反に当たると判断した。道交法は交差点の5メートル以内での駐停車を禁止している。

同署の見並立春副署長は「今後は、より適正な取り締まりを実施したい」と話している。



日頃、問答無用とばかりに冷たく言い訳をあしらい、反則切符を切る側の警察官が駐車違反の反則切符を切られる事も時にはあるでしょう・・・。

「通報者」もさぞかし胸がすっきりしたことでしょう。

記事を読んだものとしては、ちょっと可哀想な、少なからず複雑な気もしないではありませんが・・・。

しかし、当然、道交法については、取り締まる側である立場なら、事故・事件・緊急を要する場合など車両の
駐車については、安全確保のこともあるでしょうから、常々、心得ているはず。

結局は、違反者が良く言い訳をする『ちょっと位なら大丈夫だろう』 という気の緩み。

以前、駅前に車を20分程駐車していて、戻ってきたときには、
止めたはずの場所に、車の影も形も無い!

「えっ!??????? 」 このくらいマークが付くくらい、一瞬、思考能力が停止状態。

地べたを見たら、まるで勝利を得たかのような残酷な張り紙が・・・。

やさしく書いてはいるけれど、

「返してほしければ、ペナルティーを受けに取りに来い!ざまあ見ろ!」

って感じに聞こえるのよね~、トホホ・・・、自分が悪いのだけれど。

「通報者」もタイムリーなことに、たまたま目撃したのでしょうが、日頃から「腹に一物」がなければ、警察車両を見つけて警察署に通報はしないでしょう。

だいたい、間違いなく運転していた警察官が近くにいるのですから。

まあ、違反は違反ですから。

言い訳の出来ぬ駐車違反にさぞかし巡査部長も言い訳したかったことだろうと思います。

人間ですから。

2007/5/28



 
スポンサーリンク

暮らしと生活の話題TOP -

和食のテーブルマナーの常識


暮らしと生活の中で「大人としての常識」という言葉、最近よく聞きます。

このような言葉を聞くと、少し耳が痛くなる方も多いのではないでしょうか。

マナーやエチケットの常識と言うのは、大人になってしまえば、なかなか修正することが難しくなります。

間違った生活の常識が当たり前になるからです。

長年、生活の中で、もう自分の常識が、世間の常識になってますから、人か注意されないとなかなか気がつかないのです。

他人に注意をすることは、相手のことを考えるとかなりはばかれる事です。 

逆に余計無なことと、こちらが注意されるかもしれません。

常識の中でも、テーブルマナーは、本当にその人の人となりが出てしまいますから要注意です。

暮らしと生活の中で培われた生活習慣というものは、1つの宝にも垢にもなります。

テーブルマナーガイドでは、さまざまな条件についての正しい食事のマナーを わかりやすく伝えてくれます。

テーブルマナー 和食編では、箸を制する者は日本料理を制すというテーマで、日本人の箸の使い方の難しさを学ぶことが出来ます。やはり、お箸の使い方が上手な人は、その人となりも品が良く感じられますものね。

暮らしと生活において、常識をわきまえた人となりというものは、テーブルマナーなどのエチケットにも当然現われてしまいますから、とても大切なこととして捕らえていかねばなりません。

【送料無料】これで解決!大人のテーブルマナー





 
スポンサーリンク

マナー・冠婚葬祭TOP -

Copyright © 新・暮らしと生活情報館・メイアイヘルプユー? All Rights Reserved. Powered By FC2.