暮らしと生活の防犯と防災:安全に送るための知識と知恵


【暮らしと生活】:安全に送るための知識と知恵

世の中、どんどん物騒な時代に突入してしまったようなそんな暗さを感じる今日この頃です。テレビが映し出す毎日のニュースには必ずと言っていいほど、血なまぐさい事件が報道されています。

人の命に関わる事件も、日常茶飯事に発生するような活字を目にすると、悲しいかなこの時代のそんな一面に心が知らぬ間に、心が鈍感になっていくことに怖さを感じます。

人の命は、地球の重さよりも重たい。そんな言葉が、むなしく空々しく聞こえるような悲しさ。家族の安全と子供の安全は、家庭を持つものにとってもっとも大切です。オレオレ詐欺や、交通事故、学校のでのいじめなど、安全に対する不安を上げればきりがありません。

安全に対する不安や危険を回避し、安心に変えるものは、まず自らのことは自らで守ることから始まります。それにはどうするかという危険について多くのことを積極的に知る必要があります。世の中を安全に生きようと思えば、賢明でなければなりません。

その賢明さを保つためには、無知ではダメなのです。





火災から家族やあなたの命を守る住宅用火災警報器

暮らしと生活の中の防犯と防災を意識されてますか?火災警報器設置の義務づけをご存知ですか?

●設置が義務付けられてる主な箇所

①寝室
主寝室だけでなく、子供部屋のように日常的に人が就寝する部屋。普段就寝する部屋。来客が就寝するような部屋はのぞきます。
②寝室のある階から下への階に通じる階段。
③設置しない階で就寝に使用しない居室が2階以上連続する
場合は、取り付けた階から2階離れた居室のある空間。
④一つの階に7㎡(4畳半)以上の居室が5つ以上ある階の廊下など。東京都や名古屋市などでは、家庭で最も出火の多い台所への設置も義務付けている。

●設置する部位

原則、天井または壁に設置する。天井の場合は、中心を壁、梁から60㎝以上離す。
壁の場合は天井から15~60cm以内に中心が来るように設置する。
ただし梁などでも、同等に火災の感知ができると認められる場合は設置が可能。



詳細は市町村条例により異なります。詳しくは最寄の消防署までお尋ねください。暮らしと生活を守るための防犯と防災対策をまず、出来ることから積極的に始めましょう。


おススメの防犯&防災商品

プロが選んだ防犯&防災グッズ!防犯対策、防災対策は万全ですか?何かが起こる前に! 気になる商品がきっとあります!

防犯ブザー、防犯フィルム、補助錠、センサーライト、防犯カメラ、ドアホン、盗撮防止、盗聴防止、護身用品、地震、火事対策、非常食、保存水、家具固定転倒防止、災害用簡易トイレ、避難セット、防寒、火災報知器、犯罪、災害対策への注目が高まる今、何かが起こる前に供えて安心です。

PR

身近に不安を感じたら。TSSP.jp




防犯対策:金庫

重たい金庫は、販売からお届け・設置まで安心サポートの通販サイトでの購入がおすすめです。金庫専門の通販サイトでは、「扉のこじ開け」対策を施したものが重宝され、耐火金庫など、オフィスや家庭でも使えるダイヤル式金庫をはじめとする様々なタイプの金庫の種類があります。


■地震・防災・防犯対策 -知識と心構え①
■地震・防災・防犯対策 -知識を学び心構え②
■地震・防災・防犯対策-地震と火災に対する防災知識③
■防犯対策~空き巣・ドロボー対策
■環境・エコ・リサイクル・地震・災害・ 防災防犯対策商品



新・暮らしと生活の情報館

暮らしと生活の為になる情報をお届けするサイトへようこそおいでいただきましてありがとうございます。当サイトでは暮らしの情報を中心に時節・雑学などを盛り込んで、人気ショッピングモールを中心に、ファッション・グルメ・旅行など ネットの中の納得と信頼の価値のある情報をお届けしています。インターネットを通して暮らしと生活が実り多く、豊になるために少しでもお役に立てれば幸いです。どうぞ、ごゆっくりご覧くださいませ。尚、商品のご利用・ご購入につきましては、広告主様サイトの詳細をよくご確認のうえサービスをご利用くださいませ。 サイト運営者:Hiromi Saito

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス