120年ぶりのサイクル?暮らしと生活の気候


暮らしと生活の中で、その時々の気候と言うものは、人間の生活の影響に多く反映されます。 120年ぶり、というのは、一体何を意味しているのかと言いますと・・・。

今日の2010年の2月24日と言う日の日中の気温の最高温度です。

2月と言えば、まだ、また、寒さが当然残ります。しかし、徐々に、3月を目前に控え、そろそろ、暖かさの兆しと言うものを感じる日というものあるものですが、今日のこの日は、全国的に暖かさが頂点をむかえたということなのです。それが、120年ぶりの暖かさだと言うことなのです。

テレビのニュースでは、盛んに夕方の情報として、今日の暑さを街頭にでて、直接の暑さを訴えるために、道行く人たちに盛んにインタビューして、その120年ぶりの暑さである、今日の2月24日をアピールしていました。120年前に、よくその日の、気温のデータが残っているものなのです。

でも、確かに今日は、暖かかったです。暖房費がかからずに天然・自然の暖かさは、心の中を、奥底からほっこりとゆるめてくれます。これは、太陽の赤外線効果でしょうか?そんなはずは無いです。

暮らしと生活の中で、気温と言うものが、私達の行動を広げてくれるのも、その中には、心の動きと鋳物があるということも忘れてはいけません。なにが言いたいのかと言えば、暑さや、寒さなどの環境に左右されることのない、強い心を鍛えていかなければ、その気候や環境に負けてしまいます。だから、そんな、周りの環境に流されないような暮らしと生活を築いていかなければならないのではないかと感じるのです。





新・暮らしと生活の情報館

暮らしと生活の為になる情報をお届けするサイトへようこそおいでいただきましてありがとうございます。当サイトでは暮らしの情報を中心に時節・雑学などを盛り込んで、人気ショッピングモールを中心に、ファッション・グルメ・旅行など ネットの中の納得と信頼の価値のある情報をお届けしています。インターネットを通して暮らしと生活が実り多く、豊になるために少しでもお役に立てれば幸いです。どうぞ、ごゆっくりご覧くださいませ。尚、商品のご利用・ご購入につきましては、広告主様サイトの詳細をよくご確認のうえサービスをご利用くださいませ。 サイト運営者:Hiromi

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス