母の日とカーネーションの関係

日本の母の日は、5月の第2日曜日です。

当然、外国にも母の日があります。

現在のような日本の母の日の由来は、アメリカから由来してきたものだといわれています。

日本で初めての母の日を祝う行事が行われたのは明治の末期頃で、1915年(大正4年)に教会で祝われ始め、徐々に一般に広まっていったと伝えられています。
昭和に入ると3月6日を母の日としていました。

この日は当時の皇后の誕生日であったそうです。

現在のようになったのは、戦後しばらくしてからだと言われています。

また、一般に広く知れ渡ったのは1937年(昭和12年)森永製菓が告知を始めたことをきっかけにするとも言われます。

母の日とカーネーションの関係

母の日といえば、やはり「カーネーション」

母の日といえば、やはりまず思い浮かべるのは、カーネーションですね。

この関係は、いつから始まったのでしょうか?


母の日にカーネーションをあげる習慣は20世紀初頭のアメリカの時代から始まったものといわれます。

赤いカーネーションの他にも、ピンク・黄色などもありますので、ミックスするのも良いと思います。

またカーネーションだけでなく「バラ」をミックスしてブーケのようにして贈れば、さらに喜ばれるかもしれません。


「母の日」にカーネーションが選ばれるようになった由来は、十字架に架けられたキリストに聖母マリが涙した後に咲いた花だといわれています。カーネーションの中央部の赤色は、キリストの体から散った血の色ともいわれています。それが母への愛という象徴に変わったものとされています。

また、母の日の提唱者であるアンナ・ジャービスのお母さんがカーネーションが好きだったことも原因の一つだということです。


ちなみに、海外の母の日については、大方やはり、5月に行われているようです。

アメリカでは、
5月第2日曜日(デンマーク・フィンランド・イタリア・トルコ・オーストラリア・ベルギーも同じ)。

イギリスでは、
イースター・サンデーの2週間前の日曜日。イースターは、毎年、日付けが変わる移動祝祭日で、「春分の日の後の、最初の満月の次の日曜日」と決められています。大体、3月21日から4月24日の間にあたります。

韓国では、
5月8日が、韓国語では「オボイナル」という父母の日にあたります。
父母の日に1番喜ばれるプレゼントは韓国では「お金」だそうです。
カーネーションをプレゼントする習慣も日本と変わらずにあるようです。

中国では、
5月第2日曜日が母の日です。
母の日の過ごし方としては、日本と同じようにカーネーションをあげて一緒に食事をするようです。

台湾では、
母の日は一年の中でも大きなイベントの一つだと考えられています。
というのは、一年の中で最も贈り物をする時期として、母の日があげられています。

母の日関連ページ
■母の日とカーネーションの関係
■「母の日」の思い出話>暮らしと生活
■「母の日」に人気のあるプレゼントは?

■母の日 - 感謝をこめて真心の思い出作りのプレゼント
■『母の日』にお母さんありがとうの気持ちを込めて
■オンラインフラワーショップ>ギフト・プレゼント ピックアップ

■暮らしと生活の 【時節関連おすすめ特集】

新・暮らしと生活の情報館

暮らしと生活の為になる情報をお届けするサイトへようこそおいでいただきましてありがとうございます。当サイトでは暮らしの情報を中心に時節・雑学などを盛り込んで、人気ショッピングモールを中心に、ファッション・グルメ・旅行など ネットの中の納得と信頼の価値のある情報をお届けしています。インターネットを通して暮らしと生活が実り多く、豊になるために少しでもお役に立てれば幸いです。どうぞ、ごゆっくりご覧くださいませ。尚、商品のご利用・ご購入につきましては、広告主様サイトの詳細をよくご確認のうえサービスをご利用くださいませ。 サイト運営者:Hiromi Saito

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス