生活・暮らしの話題>運動会

運動会の少しは恥ずかしい、ほろ苦い思い出

私の恥かしい話。

夫にも話した事はないし、 私のその当時の年齢である、小学6年の息子にも、誰にも、 かつて一度も話したことのない秘密の思い出。

今日は大サービスです。

そう、私が小学校6年の時の運動会の、その日の話。

その日は、天気がはっきりしない空模様でした。
いつ降ってきてもおかしくない天気で、やはり昼から雨になりました。

私は、クラスの女子の中では体格が良く、 他の人よりも早熟というか、まだ小学生にしては、もう既に胸が、かなり大きかったのです。 ですから、少しそんなことを コンプレックスに感じていました。

運動は得意で、昼からリレーのアンカーに出場する場面があったのです。

でも、天気はその前から、雨に変りました。
そんな中で、レースが始まり、私はアンカーとし一生懸命に走りました。

その後に、忘れもしない恥かしい出来事が。。。 と言うか、

私にとって事件ですね。

レースが終わって、喜んでいたら、男の子達が、私たちの方を見て何か言っているのです。 「誰のことだろう?」と思っていたら、隣にいた私のお友達が、「友ちゃん、オッパイが、ブラから出てるよ」って言われて、自分の胸を見たら、リレーで走った後だったので、ブラからはみ出してしまったのですね。

雨でぬれた体操服から透けて、ピタット張り付いた私の片方の胸の乳首がはっきり映っていたのです。

あまりに恥かしくて、 泣きながら校舎のトイレに友達と 走っていった記憶があります。

その恥かしかった理由の一つに、私のことを見て冷やかしていたクラスの男の子たちの中に、私の好きだった男の子がいたのです。

本当にあの時は恥かしかったなあ~。
そして、辛くて悲しい出来事でした。

そんな思いでも、今は、笑顔で振り返られる、
ほろ苦い思い出にに変っているのですね。

「○○くん」 、今、どうしてるんだろう?

最近、近所にドラッグストアが出来ました。
でも、売っているトイレットペーパーを見たら、 長さと、幅が、一般の平均のものより短いのです。
毎日の暮らしと生活の中で、経験を積んでくるとこれまで見えなかったものが見えるようになるものです。

オープンしたてのお店が、優良品を特売せず、 特売用の商品を、オープン特価として売っているなんて! お店に来たお客様が分からないとでも思っているのでしょか。

真心のサービスを感じないお店に次からやって来るお客様がいるのでしょうか?

あら!関係ないことですね・・・ごめんなさいm(__)mペコリ!



新・暮らしと生活の情報館

暮らしと生活の為になる情報をお届けするサイトへようこそおいでいただきましてありがとうございます。当サイトでは暮らしの情報を中心に時節・雑学などを盛り込んで、人気ショッピングモールを中心に、ファッション・グルメ・旅行など ネットの中の納得と信頼の価値のある情報をお届けしています。インターネットを通して暮らしと生活が実り多く、豊になるために少しでもお役に立てれば幸いです。どうぞ、ごゆっくりご覧くださいませ。尚、商品のご利用・ご購入につきましては、広告主様サイトの詳細をよくご確認のうえサービスをご利用くださいませ。 サイト運営者:Hiromi Saito

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス