手紙のルールとマナーの基本


相手の心を思いやる、温かな心を伝える手紙マナーです。

活字は、人間社会の文化。長い歴史の中で、一体どれ程、この文字を使って来たのでしょう。そして、伝えてきたのでしょう。

言葉を活字で届けるという、人と人のコミュニケーションの手段。この文化は、歴史の中でさまざまな方法と形を変えてきたのでしょう。でも、そこにあるのは、人と人との心をつなぐための大切な手段でもあるのですね。

心を届ける「手紙」。

そこには、きちんと正確に心を伝える為に、生活の中で培われれた知恵であるマナーとルールがあります。

手紙に関するマナールールが書かれてあるサイトがあります。

今は「メール」といった、ネットを利用して、言葉を送ること、伝えることが多くなってきましたが、手紙の基本には「心を届ける」ことに変りはありません。

基本的な言葉を使うルールというものを常識として知識を得て、理解して使用することは、その人の心を伝えることのまず、最初の基本でしょう。

わたしは、特に手紙や伝えたいことで注意しなければならないのは、お詫び・お断り・苦情や、見舞い状などを書く場合だと思っています。このような手紙を書く場合、極力、相手の心を考えて、いらぬ誤解を招かぬような、言葉を選んで、手紙を書くことが大切だと感じます。

手紙のルールとマナーの基本は、その生活の価値を高め充実させることにつながるのです。




新・暮らしと生活の情報館

暮らしと生活の為になる情報をお届けするサイトへようこそおいでいただきましてありがとうございます。当サイトでは暮らしの情報を中心に時節・雑学などを盛り込んで、人気ショッピングモールを中心に、ファッション・グルメ・旅行など ネットの中の納得と信頼の価値のある情報をお届けしています。インターネットを通して暮らしと生活が実り多く、豊になるために少しでもお役に立てれば幸いです。どうぞ、ごゆっくりご覧くださいませ。尚、商品のご利用・ご購入につきましては、広告主様サイトの詳細をよくご確認のうえサービスをご利用くださいませ。 サイト運営者:Hiromi

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス