暮らしと生活のサプライズ・豪華客船クイーン・ビクトリア寄航 新・暮らしと生活情報館・メイアイヘルプユー?     

暮らしと生活のサプライズ・豪華客船クイーン・ビクトリア寄航

英国の豪華客船「クイーン・ヴィクトリア」が、暮らしと生活の中で、日本で初めて、長崎港(長崎市)に寄港しました。

米ニューヨークから、英サウサンプトンまでの、世界一周クルーズの途中に、立ち寄ったもので、5日夕に長崎を出港とのこと。

世界一周、101日間の航海で、料金は約230万~2300万円だということです。

「クイーン・ビクトリア号」は、「クイーン・エリザベス2世号」、「クイーン・メリー2世号」に並ぶ、豪華客船とされ、その豪華客船にふさわしく、船内は、劇場(830席)は、勿論、カジノや図書館なども備えているということです。

世界一周、101日間の航行ですから、さぞかし、船内では、退屈せずにくつろげるように配慮されているのでしょうね♪

でも、この、料金には、かなり幅があるようです。

最高の料金、2300万円を、だして、一生に一度の、豪華な船旅をさせていただきたいものです。

たまには、毎日の暮らしと生活から開放されて非日常的な生活を味わってみたいものですね。

■英豪華客船が長崎寄港 9万トン、乗客1760人
英国の豪華客船「クイーン・ビクトリア」(9万トン)が5日、日本で初めて長崎港(長崎市)に寄港した。

 全長294メートル、幅32・3メートル、水面からの高さ54・6メートルで、2007年12月に就航した。約1000の客室のほか、830人収容可能な劇場やプールなどを備えている。1月10日に米ニューヨークを出発し、英サウサンプトンまで101日間の航海中で、乗客は約1760人。料金は約230万~2300万円という。

 着岸した松が枝国際観光船ふ頭では、地元の旅行関係者ら約80人が参加して歓迎式が開かれ、田上富久長崎市長が「長崎での観光は、今回のクルーズでの良い思い出の一つになると思う」とあいさつした。

 5日夕まで寄港し、乗客らは市内を散策したり、グラバー園などを巡るバスツアーに参加したりした。

 米カリフォルニア州から夫婦で参加したベネット・サミュエルさん(71)は「最高の旅を楽しんでいる。長崎では路面電車に乗って平和公園を訪れたい」と話していた。
(2009年3月6日 読売新聞)





 
スポンサーリンク

暮らしと生活の話題TOP -

Copyright © 新・暮らしと生活情報館・メイアイヘルプユー? All Rights Reserved. Powered By FC2.