暮らしと生活の中で経過する日航機墜落事故の歴史 新・暮らしと生活情報館・メイアイヘルプユー?     

暮らしと生活の中で経過する日航機墜落事故の歴史


暮らしと生活の中で、10年一昔ともいいます。そうすると、もう、二昔以上も前になるのですね。しかし、大切な人を亡くした人の心には、その鎮魂思いは、時の経過とともに更に増すこともあるでしょう。その年に生まれた子どもは、既に成人を越えているわけです。

その子どもが結婚して、更に子ども生まれている場合もあるでしょう。暮らしと生活の中で、多くの伝いたい思いがあの時よりも増えていく。



 
スポンサーリンク

暮らしと生活の話題TOP -

Copyright © 新・暮らしと生活情報館・メイアイヘルプユー? All Rights Reserved. Powered By FC2.