ハロウィンの仮装大会で暮らしと生活を楽しむ

日本の暮らしと生活の中でも、パーティーを開いたりして楽しんだりする地域やご家庭が増えてきたようです。

10月31日は「ハロウィン」の日です。

「ハロウィン」の日って言っても一体、暮らしと生活の中でどんな位置づけなのかということについては、詳しくはご存知ない方もいらっしゃるでしょう。「子ども達が魔女や骸骨といったなんとなくおどろおどろしい仮装や、可愛いらしい洋服を着たりして、お菓子をもらったりするお祭り」くらいなことしか知らないのですが、日本でいうところのお盆や秋祭りといった感じの風習でしょうか。

まあ、勝手な解釈なので、正しいかどうかは、あまりあてにしないでくださいね。

一般的には、アメリカやイギリスで行われている暮らしと生活に密着している伝統的な行事であります。もともとハロウィンはキリスト教と深く関係していて、「万聖節」」(ばんせいせつ)の前夜祭なのだそうです。

※「万聖節」」(ばんせいせつ)-諸聖人の日(しょせいじんのひ)はカトリック教会の祝い日の一つで、全ての聖人と殉教者を記念する日。日本では「万聖節」(ばんせいせつ)ともいわれる。Wikipedia

なき聖人たちを祭るカトリックの行事なのです。

今は、毎年、10月31日に行われるのですが、昔は、その日が大晦日の日、つまり12月31日のお祭りだったそうです。

という事は、日本の「お盆の行事」見たいな物というのも、遠からず当たっているわけですね。

また、このお祭りは、子ども達の為にあるお祭りのようで、「トリック・オア・トリート」のマジックワードを唱えることによって、大好きなお菓子をねだることができるのです。

「お菓子をくれなきゃ、大人達にいたずらをするぞ~~~。」なんてね。

その日ばかりは、子ども達が、「小悪魔」みたいに仮装して、大人たちを懲らしめる日でもあるのでしょうか。子どもは未来の宝物ですからね。

また、ハロウィンに欠かせない、小道具として絶対に忘れることの出来ないのが、かぼちゃです。
かぼちゃをくりぬいて、そこににろうそくを灯す。
かぼちゃは、悪魔のような怖い顔に、くり抜かれていたりします。

かぼちゃをかぶったりする仮装なんかもありますね。

日本では、生活の中で、「かぼちゃは」とても、美味しい秋の味覚でもあります。そんな、食べ物を粗末にするなんて、という方もいらっしゃるでしょうが、それは欧米と、日本での食文化の違いなのですね。

日本でも、暮らしと生活の中に最近、定着してきた、ハロウィンのお祭りですが和洋折衷でいろんなお祭りやイベントは本当に楽しいですからこれから、単なるお祭り感覚として、暮らしと生活の潤いと価値を高めるために、どんどん広がるといいですね。

暮らしと生活の中で、楽しいことに国境はないのですね。




新・暮らしと生活の情報館

暮らしと生活の為になる情報をお届けするサイトへようこそおいでいただきましてありがとうございます。当サイトでは暮らしの情報を中心に時節・雑学などを盛り込んで、人気ショッピングモールを中心に、ファッション・グルメ・旅行など ネットの中の納得と信頼の価値のある情報をお届けしています。インターネットを通して暮らしと生活が実り多く、豊になるために少しでもお役に立てれば幸いです。どうぞ、ごゆっくりご覧くださいませ。尚、商品のご利用・ご購入につきましては、広告主様サイトの詳細をよくご確認のうえサービスをご利用くださいませ。 サイト運営者:Hiromi Saito

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス