暮らしと生活の情報【新聞・瓦版を読売(よみうり)と読んでいた】

暮らしと生活に欠かすことの出来ない新聞。読売新聞のCMに「昔、瓦版のことを読売(よみうり)と読んでいた?」メッセージがあるけれど、それは本当だろうかと思いました。

「読売」という言葉は、読んで字の如く、「読を売る」。

それが縮んで、「読売」になったんでしょう。

活字を読むということは、暮らしと生活にとっての必要な情報を得るためにとても重要な手段ですね。

名前の由来は、江戸時代の瓦版から。

「読んで聞かせて売る瓦版屋」があったからだそうだ。

読売さん(江戸時代)が大きな声で記事を読むので、暮らしと生活の中で、町中に記事の内容が知れ渡った。「買わなくていいから楽だ」などと町民が思っていると、内容を聞いた事に対して「内容を知ってるってこたぁ、瓦版を盗んで読んだにちげえねぇ」と読売さん(江戸時代)が言いがかりをつけてきた。

その瓦版屋と奉行所と繋がりがあったため、泣く泣く町民は瓦版を買っていた。ちなみに押し紙という考え方も、直接売りつけるわけではないがこの話から着想を得たと言う。この買わされた紙の有効利用として、暮らしと生活の中で、庶民は梱包材として利用。(アンサイクロペディア: 読売新聞)とも言われている。

私達の暮らしと生活の中における情報の大切さと言うものは身に沁みて感じることもあるでしょう。新聞、大切にしたいですね。

カテゴリ

新・暮らしと生活の情報館

暮らしと生活の為になる情報をお届けするサイトへようこそおいでいただきましてありがとうございます。当サイトでは暮らしの情報を中心に時節・雑学などを盛り込んで、人気ショッピングモールを中心に、ファッション・グルメ・旅行など ネットの中の納得と信頼の価値のある情報をお届けしています。インターネットを通して暮らしと生活が実り多く、豊になるために少しでもお役に立てれば幸いです。どうぞ、ごゆっくりご覧くださいませ。尚、商品のご利用・ご購入につきましては、広告主様サイトの詳細をよくご確認のうえサービスをご利用くださいませ。 サイト運営者:Hiromi

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス