暮らしと生活の中の情報の必要性 新・暮らしと生活情報館・メイアイヘルプユー?     

暮らしと生活の中の情報の必要性


情報を得るということが、日常の中でどれほど大切であるかということは、平穏な暮らしの中では、少々、その意味を知ることから遠ざかる毎日かもしれません。

しかしながら、この日本の現在の国のような100年に一度の経済状況と不況にある場合、情報というものの価値は飛躍的に向上します。また、向上しなければなりません。

情報は、平穏な暮らしの中では、目に見える形ではなかなか発揮されることは少ないかもしれません。少ないというよりも、その情報が、暮らしと生活に馴染む形で発揮されていることで、気がつきにくいということなのでしょう。

しかしながら、この日本の100年に一度の経済状況・不況という現在や、暮らしと生活の中で、非日常的なことが起これば、そこに必要になってくるのが、情報という知識の蓄積になるわけです。

その知識となった情報は、その非日常的なことや、困難やクリアしなければならないハードルが日常にあらわれたときに、確実に必要になります。

しかし、その知識や情報は、それだけでは、暮らしと生活に即、役に立たないということなのです。どういうことかといいますと、知識や情報は、使える状態に形を変えなければなりません。知識や情報がそのまま現実の課題を乗り越えるためのお手本になることもあるでしょう。

でも、日常におこる現象というのは、個々人で、千差万別です。ということは、そこには何が必要か?

知恵です。

情報と知識を知恵に変える力が無くてはならないということです。暮らしと生活の情報は、今では、多くの情報源、メディアが存在します。

そのなかでも、インターネットの情報は、与える側のメディアから、求めることの出来るメディアの中でも最強の情報源となりました。

しかし、その暮らしと生活の情報をせっかく得たとして、間違った情報や誤解をそのまま受け取る問うようなことが内容にしなければ、情報が情報としての機能を生活の中で発揮することは出来ません。

そこに必要なものこそ、これまでに情報と知識を得て、活用された「知恵」に他なりません。暮らしと生活の情報の中から得るものは、そこから導き出される生きた知恵でなければならないのですね。


 
スポンサーリンク

暮らしと生活の話題TOP -

Copyright © 新・暮らしと生活情報館・メイアイヘルプユー? All Rights Reserved. Powered By FC2.